プログラム

大会プログラム PDFファイル

タイムスケジュール第1日目 PDFファイル

タイムスケジュール第2日目 PDFファイル

10月14日(土) 大会1日目

開会の辞 (13:25~ 13:30) 第1会場(ハーディーホール)
大会長: 石井好二郎(同志社大学)
シンポジウム① (13:30~15:00) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: サルコペニア診療ガイドライン
座 長: 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)
葛谷 雅文(名古屋大学)
演 者: 金  憲経(東京都長寿医療研究センター)
下方 浩史(名古屋学芸大学)
小川 純人(東京大学)
シンポジウム② (15:30~17:30) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: いまなぜオーラルフレイルが重要なのか(スポンサード)
座 長: 飯島 勝矢(東京大学)
平野 浩彦(東京都健康長寿医療センター)
演 者: 菊谷  武(日本歯科大学)
小原 由紀(東京医科歯科大学)
本川 佳子(東京都健康長寿医療センター)
枝広あや子(東京都健康長寿医療センター)
共 催: アボット ジャパン株式会社
シンポジウム③ (15:30~17:30) 第2会場(クローバーホール)
テーマ: 専門外でもよくわかるサルコペニアの分子生物学・細胞生物学
座 長: 重本 和宏(東京都健康長寿医療センター)
真田 樹義(立命館大学)
演 者: 亀井 康富(京都府立大学)
町田 修一(順天堂大学)
藤井 宣晴(首都大学東京)
佐久間邦弘(東京工業大学)
シンポジウム④ (15:30~17:30) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: ロコモティブシンドロームの現在:展望と問題点(スポンサード)
座 長: 田中  栄(東京大学)
遠藤 直人(新潟大学)
演 者: 吉村 典子(東京大学)
大江 隆史(NTT東日本関東病院)
佐久間真由美(新潟医療福祉大学)
松井 康素(国立長寿医療研究センター)
共 催: 味の素株式会社
【懇親会】(18:00~20:00)
会場:同志社大学寒梅館7階SECOND HOUSE will(セカンドハウス ウィル)
※暮れゆく東山三十六峰を眺めながら始まる懇親会です。是非,ご参加ください!

10月15日(日) 大会2日目

シンポジウム⑤ (9:00~10:30) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: コグニティブ・フレイル:その定義と意義を考える
座 長: 櫻井  孝(国立長寿医療研究センター)
羽生 春夫(東京医科大学)
演 者: 神﨑恒一(杏林大学)
杉本大貴(国立長寿医療研究センター)
島田裕之(国立長寿医療研究センター)
優秀演題口頭発表 (9:00~11:00) 第2会場(クローバーホール)
座 長: 鈴木 隆雄(桜美林大学)
楽木 宏実(大阪大学)
O-1(P-7) Suthutvoravut Unyaporn(東京大学)
地域高齢者における孤食とフレイルの関連:柏スタディ
O-2(P-50) 井上 愛子(名古屋大学未来社会創造機構)
老化促進マウス(SAMP10)における若齢骨髄移植による加齢性筋萎縮の予防効果
O-3(P-56) 上村 一貴(富山県立大学教養教育)
精神心理的フレイル予防に向けた健康教育介入の効果:ランダム化比較試験
O-4(P-65) 松下 英二(名古屋学芸大学管理栄養学部)
フレイル診断基準の2年後への影響の検討 - NLS-HEより
O-5(P-73) 木村 藍(国立長寿医療研究センター)
大脳白質病変はコグニティブフレイルの危険因子である
O-6(P-75) 田中 友規(東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座)
身体的フレイルに社会的フレイルが重複して初めて総死亡リスクが高まる-柏スタディより-
O-7(P-103) 杉本 研(大阪大学 老年・総合内科学)
高齢者癌術前におけるサルコペニア、筋質評価の術後合併症予測における有用性
O-8(P-108) 西原 恵司(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター)
術後合併症の発症予測に対するフレイル評価の有用性: J-CHS基準、KCL、CHS基準の比較
O-9(P-110) 山田 実(筑波大学)
ウォーキングとタンパク質摂取の併用による介護予防効果の検証:クラスターRCT
シンポジウム⑥ (9:00~11:00) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: 医原性サルコペニアの廃絶を目指して
座 長: 若林 秀隆(横浜市立大学附属市民総合医療センター)
吉村 芳弘(熊本リハビリテーション病院)
演 者: 若林 秀隆(横浜市立大学附属市民総合医療センター)
吉村 芳弘(熊本リハビリテーション病院)
西岡 心大(長崎リハビリテーション病院)
前田 圭介(玉名地域保健医療センター)
日本サルコペニア・フレイル学会・日本肥満学会合同キックオフ・ミーティング
(11:00~11:30) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: サルコペニア肥満
座 長: 石井好二郎(同志社大学)
演 者: 山田  実(筑波大学)
教育講演① (11:00~11:30) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: 構造方程式モデリングによるフレイル定義の試み
座 長: 原田  敦(国立長寿医療研究センター)
演 者: 古名 丈人(札幌医科大学)
総 会 (11:30~12:00) 第1会場(ハーディーホール)

ランチョンセミナー① (12:15~13:15) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: 天然アスタキサンチンの可能性
–心不全、NASH、そしてサルコペニア・フレイル-
座 長: 神﨑 恒一(杏林大学)
演 者: 桜田 真己(所沢ハートセンター)
太田 嗣人(旭川医科大学)
共 催: アスタリール株式会社
ランチョンセミナー② (12:15~13:15) 第2会場(クローバーホール)
テーマ: 骨粗鬆症とサルコペニア
座 長: 遠藤 直人(新潟大学)
演 者: 荻野  浩(鳥取大学)
共 催: 中外製薬株式会社・大正富山医薬品株式会社
ランチョンセミナー③ (12:15~13:15) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: 認知症と骨粗鬆症
座 長: 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)
演 者: 小川 純人(東京大学)
共 催: 第一三共株式会社
ポスター発表 (13:15~14:15) ポスター会場
(1F: ホワイエ, B1F: ギャラリー・ロビー)
セッション終了までポスター前にて質疑応答をお願い致します(責任着座制)
スポンサードセッション(13:30~14:30) 第2会場(クローバーホール)
テーマ: フレイルと人参養栄湯 -健康長寿に向けて-
座 長: 葛谷 雅文(名古屋大学)
演 者: 乾  明夫(鹿児島大学)
共 催: クラシエ薬品株式会社
教育講演② (13:30~14:00) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: フレイルのスクリーニング・診断法
座 長: 安藤富士子(愛知淑徳大学)
演 者: 佐竹 昭介(国立長寿医療研究センター)
教育講演③ (14:00~14:30) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: サルコペニア・フレイルと高血圧
座 長: 植木浩二郎(国立国際医療研究センター)
演 者: 杉本  研(大阪大学)
市民公開講演会 (14:30~16:30) 第1会場(ハーディーホール)
テーマ: 「サルコペニア・フレイルを知ろう―健康寿命を延ばすために」
座 長: 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)
石井好二郎(同志社大学)
演 者: 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)
葛谷 雅文(名古屋大学)
平野 浩彦(東京都健康長寿医療センター)
石井好二郎(同志社大学)
若林 秀隆(横浜市立大学附属市民総合医療センター)
シンポジウム⑦ (14:30~16:30) 第2会場(クローバーホール)
テーマ: 「疾患関連サルコペニアの現状と対策」
座 長: 海道 利実(京都大学)
佐藤 幸人(兵庫県立尼崎総合医療センター)
演 者: 岡本 浩一(金沢大学)
海道 利実(京都大学)
馬場 重樹(滋賀医科大学)
加藤 明彦(浜松医科大学)
小笹 寧子(京都大学)
玉井由美子(京都大学)
シンポジウム⑧ (14:30~16:30) 第3会場(会議室 地A)
テーマ: 「感覚器とフレイル」
座 長: 秋下 雅弘(東京大学)
小泉 範子(同志社大学)
演 者: 福岡 秀記(京都府立医科大学)
山田 昌和(杏林大学)
杉浦 彩子(豊田浄水こころのクリニック・国立長寿医療研究センター)
亀山 祐美(東京大学)
任  智美(兵庫医科大学)
閉会の辞 (16:30~16:40) 第1会場(ハーディーホール)
大会長: 石井好二郎(同志社大学)